Water Jet

スピーカー構造目視確認ウォータージェット切断

加工材:17cm/2.5cmコアキシャル2ウェイスピーカー
寸 法:H64×156×156
加工内容:振動部に特殊安定材挿入後。90度開口切断
納 期:約1週間
主な業界:研究・開発・調査・大学・音響・自動車・電機 等
振動板に高性能カーボンファイバーが配合されているコスパに優れた車載用スピーカー。
依頼はセンター割の完全等分割でしたが切断後の各パーツ保持率を懸念し90度開口切断を提案。
分離した側も切断幅(切りしろ、カーフ幅)以外はほぼ原型を留められました。
ただ、振動板からフレーム枠(不安定箇所の特殊安定材挿入)、
マグネット部分迄の空隙箇所(特殊固形安定剤挿入)等を施しても切断幅(切りしろ、カーフ幅)付近は
各層貫通後のジェット水流拡散の状態により層間と切断面に若干の影響がでて曇りや
完全な垂直面は得られておりません。

ウォータージェット
加工事例一覧

ウォータージェット加工の紹介ページに戻る

TOPへ戻る