Water Jet

真鍮板C2801P機械部品ウォータージェット切断加工

加工材:真鍮板 C2801P
寸 法:25mm×250mm×1500mm
加工内容:真鍮板より特注大型機械部品切断加工
納 期:約5日間
主な業界:電気・設備・プラント・部品・交通・発電設等
高い電気導電性・耐食性、優れた熱間鍛造性と被削性が高く
切削加工が必要な時計、精密部品などに使用される真鍮ですが
長尺・厚板加工となるとウォータージェット切断加工が
候補として挙げられ採用頂きました。

真鍮板として最も一般的に流通する材料C2801Pは
ウォータージェット切断加工でもアルミ・銅に次いで
多く取り扱いさせて頂いております。
機械加工程の精度は難しいですが(±0.5mm)切断幅が小さく(約1mm)
切断ピッチを抑えられる為、支給1枚加工母材で
2枚加工を行い、歩留まり率に貢献しました。

ある程度の精度対応可能な真鍮板の厚みは0.1mmから100mm程度までは可能です。

ウォータージェット
加工事例一覧

ウォータージェット加工の紹介ページに戻る

TOPへ戻る