Water Jet

CFRTP熱可塑性樹脂板ウォータージェット切断加工

加工材:熱可塑性炭素繊維強化樹脂板
寸 法:1mm×30mm×30mm
加工内容:リデュースピアスピアッシング加工
納 期:約1週間
主な業界:宇宙機器・複合材機構部品・医療機器 機能部品・通信機器 構造・産業機器 装置
熱可塑性樹脂を含浸させた炭素繊維(カーボンファイバー)強化樹脂板。
CarbonFiberReinforcedThermoPlastics、炭素(Carbon)繊維(Fiber)強化(Reinforced)樹脂(ThermoPlastics)ウォータージェット任意形状切削加工品。
切削性が非常に悪く、工具の摩耗等様々な課題がありますが、独自技術リデュースピアスによって、通常高圧ピアッシングでは脆く欠けやひび割れが生じやすい素材をリデュースピアスで容易にピアッシングが可能なり、時間と材料が節減でき、ワークピースに層間剥離、デラミを生じさせることなく、構造的な整合性を維持可能です。軽量・高強度素材である炭素繊維(カーボンファイバー)強化プラスチック(CFRP)や炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)等のもろい積層材、大理石、その他の石材、ガラス等の切断にも最低限のクランプで容易にウォータージェット切断加工が最適に行えます。

ウォータージェット
加工事例一覧

ウォータージェット加工の紹介ページに戻る

TOPへ戻る