待 - much - 多くの手間を解決する工事・保全ホットライン

横山機工株式会社が運営する待- much -では
工場向けの、ちょっとした営繕工事を手頃な価格で実施!
「ちょっと待ち!!」精神で、価格と施工納期をマッチさせます。

お問い合わせはこちら
なんでもお気軽にご相談下さい

マッチの施工コラム

2021/07/02

チェーンブロックの定格荷重とは?使用する上での注意点について

工場現場で利用されるチェーンブロックですが、安全に利用しなければ重大な事故を引き起こす危険性が潜んでいます。今回のコラム記事では、チェーンブロックの定格荷重について解説していきます。

 

チェーンブロックの定格荷重とは?

チェーンブロックの定格荷重とは、チェーンブロックの傾斜角や長さに対して負荷をかけることができる最大の荷重から、吊り具の質量を差し引いた荷重のことを差します。傾斜角が少なかったり、チェーンブロックを伸ばしたりして使用していると、かけることができる負荷が少なくなります。JIS(日本工業規格)によってチェーンブロックの定格荷重は定義されており、それぞれのチェーンブロックの性能表に記載されています。チェーンブロックを使用する際は、定格荷重を必ずチェックして、定格荷重を超えるような荷は吊り上げてはいけません。

 

チェーンブロックの定格荷重表と使用する上での注意点

具体的にJIS(日本工業規格)では下記のように記載があります。チェーンブロックを使用する上では以下の表を参考にしたうえで定格荷重を超えないように注意しましょう。

 

定格荷重による種類及び使用頻度による等級 チェーンブロックの定格荷重による種類及び使用頻度による等級は,表1のとおりとする。

表1 定格荷重による種類及び使用頻度による等級

種類 定格荷重 等級
1/2T 0.5 H級(1)
1T 1 L級(2)
11/2T 1.6
2T 2
21/2T 2.5
3T 3.2
5T 5
71/2T 7.5
10T 10
15T 16 H級(1)
20T 20
25T 25
30T 32
40T 40
50T 50

日本工業規格  JIS B 8802-1995より

 

チェーンブロックの工事事例のご紹介

今回、チェーンブロック運転時に異音がするとのことで、点検時に不良個所を発見し、メンテナンスを実施いたしました。

チェーンブロックは運転時にはほぼ無音であり、もしチェーンブロックから異常音が聞こえる場合は定期的なメンテナンス時期にかかわらず早急にご連絡ください。

>>事例の詳細はこちらから

 

チェーンブロックのことなら当社にお任せ下さい

工場・保全ホットライン待-much-を運営する横山機工では、工場向けのちょっとした営繕工事をお手頃な価格で実施し致します。今回ご紹介したチェーンブロックに関しても価格・納期においてお客様のご要望にお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。手間のかかる工場の営繕工事は横山機工が丸ごとお引き受け致します。

>>お問い合わせはこちら

>>施工コラムはこちら

>>施工事例はこちら

>>ご依頼から引き渡しまでの流れはこちら

>>よくある質問はこちら

取扱いメーカーについて

工場・保全ホットライン待- much -を運営する横山機工では、工場向けのちょっとした営繕工事をお手頃な価格で実施し致します。様々なメーカーの製品を取り扱っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>取扱いメーカー一覧はこちら

お問い合わせ

TEL:06-6452-0151
(受付時間:平日 8:30~17:30)

メールフォームからのお問い合わせ

下記のお問い合わせフォームに必要事項をご入力の上「この内容で送信」をクリックしてください。
営業日・営業時間他、諸事情により返信にお時間を頂く場合があります。
また、お問い合わせ内容によりましてはお返事しかねる場合もございます。予めご了承ください。

担当者様氏名
フリガナ
会社名
所属部署
担当者様役職
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
添付ファイル
※20MB以下のファイル
対応拡張子:jpg, jpeg, png, gif, pdf, doc, docx, ppt, pptx, xls, xlsx, x_t, step, IGES, dxf, dwg, zip

個人情報の取り扱いについてはこちら