待 - much - 多くの手間を解決する工事・保全ホットライン

工場向けの、ちょっとした営繕工事を手頃な価格で実施
「ちょっと待ち」精神で、価格と施工納期をマッチさせます

お見積り・ご相談はこちら

マッチの施工コラム

2021/01/22

ポンプの交換や設備の修理について解説します!

「給水ポンプの寿命や管理方法について知りたい。」

このようにお考えの方はいませんか。

用排水機能や用排水量調節機能があるポンプですが、あまり詳しくない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、ポンプの交換や設備の修理方法について紹介します。

 

ポンプの交換タイミングについて

 

ポンプは機械ですので、もちろん寿命があります。

そのため、それに合わせて交換や修理をしない場合、ポンプが故障します。

では、ポンプの部品ごとに寿命を確認しましょう。

 

まずはメカニカルシール・ベアリング・ライナーリング・圧力タンクは3〜5年です。

そして、逆止弁・インバータ・基板類・電磁接触器・圧力センサなどは6〜7年です。

最後に、加圧給水ポンプユニット全体が15年、増圧給水ポンプユニット全体が18年です。

 

これらを目安に部品交換を行うと、想定外の出費をすることなく使い続けられるでしょう。

ただし、インバータや基板は特に注意していただきたい部品です。

これらは電子機器類であり、故障を起こすと即断水につながることもあります。

6〜7年を守って交換しましょう。

 

ポンプ設備の性能管理について

 

では、ポンプ設備を性能管理するにはどうしたら良いでしょうか。

性能管理とは、必要な機能や性能を長期に渡って維持させることです。

 

性能管理の説明をする前に、ポンプに必要な機能を紹介します。

ポンプ設備の機能は、要求を満たす取水・排水ができる「水利性」、安定して稼働できる「設備信頼性」、安全な構造である「構造安全性」、容易に復旧できる「修復性」、劣化に抵抗する「耐久性」があります。

これらがポンプ設備の本来的機能と言われています。

 

加えて、社会機能もあることを知っていますか。

社会機能には、ライフサイクルコストを低減できる「経済性」、景観や生態系への配慮をした「環境性」、人的安全性を確保しながら操作管理する「維持管理性」があります。

 

これらの機能を維持するための方法を確認しましょう。

性能管理する方法は以下の手順を実行することです。

・日常点検

・機能診断調査

・機能診断評価

・機能保全計画の策定

・機能保全計画の実施

 

日常点検や機能診断の結果を元にして機能保全計画の策定・実施を行います。

このステップを繰り返し行いましょう。

 

まとめ

 

今回は、給水ポンプの寿命と管理方法について紹介しました。

給水ポンプの寿命は部品によって変わります。

突然断水が起こると工場に大きな影響を及ぼすだけでなく、全てを修理する・交換して設置するためには多くの費用がかかります。

そのため、ポンプ設備の性能管理をしっかり行うようにしましょう。

 

施工実績

 

>>ポンプ修理

 

>>ポンプ修理

 

>>大型揚水ポンプ入替

お問い合わせ

TEL:06-6452-0151
(受付時間:平日 8:30~17:30)

メールフォームからのお問い合わせ

下記のお問い合わせフォームに必要事項をご入力の上「この内容で送信」をクリックしてください。
営業日・営業時間他、諸事情により返信にお時間を頂く場合があります。
また、お問い合わせ内容によりましてはお返事しかねる場合もございます。予めご了承ください。

担当者様氏名
フリガナ
会社名
所属部署
担当者様役職
郵便番号
住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容
添付ファイル
※20MB以下のファイル
対応拡張子:jpg, jpeg, png, gif, pdf, doc, docx, ppt, pptx, xls, xlsx, x_t, step, IGES, dxf, dwg, zip

個人情報の取り扱いについてはこちら